ニキビの種類

MENU

ニキビの種類

ニキビは進行度により「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」の3種類に分類することができます。
そしてニキビの炎症が悪化するとケロイドに、潰れるとクレーターになってしまいます。

※ケロイド
火傷や切り傷のあとなどにできる瘢痕(はんこん)組織が過剰に増殖し隆起したもの
※クレーター
火山の火口のように円形にくぼんだ跡が残った状態

ケロイドやクレーターの状態になると自然にきれいになることはありません。
ですからなるべく早い段階で改善するためにも、ニキビの正しい知識を理解しておきましょう。

 

ニキビの初期段階

外見では判別するのが難しいですが、ニキビの初期段階も説明しておきます。
様々な要因で、毛穴が皮脂で詰まり、中に貯まり始めるのがニキビの初期段階です。

 

白ニキビ

初期段階から毛穴が閉じたまま、その下に皮脂が貯まった状態が白ニキビです。
見た目は肌の表面に白いポツポツしたふくらみが見られます。

 

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂が貯まり、それが皮膚の表面まで押し出された状態が黒ニキビです。
皮脂が外気に触れると黒くなるため黒ニキビと言われます。

 

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビの状態では、皮膚を清潔に保つことで治る可能性はあります。
しかし同時に、アクネ菌が繁殖しやすく、炎症を起こして赤くはれてしまいます。
このアクネ菌が作り出す酵素によって皮脂が酸化され炎症が広がり、膿が出るようになります。

 

以上のように、初期段階から白ニキビや黒ニキビになり、赤ニキビへと悪化していくわけです。
ニキビができたら自分の状況を整理し、丁寧にニキビケアを行っていくことが大事です。
クレーターやニキビ跡ができないように、正しいニキビの治し方を学びましょう。