ニキビの洗顔方法

MENU

正しいニキビの洗顔方法

ニキビで悩む人たちにとって重要なのが毎日の洗顔です。
しかし間違った洗顔方法はニキビを悪化させたり、皮膚を傷つけたりすることがあります。
正しい洗顔方法で毛穴の皮脂や汚れをきれいに洗い流し、清潔に保つことが大事です。

 

ニキビ改善・予防のための正しい洗顔方法

あらかじめ手を洗う

洗顔の前に手をきれいにしておきます。手を洗うことで洗顔料の泡立ちも良くなります。

洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料は手の中で適度な量の水と合わせてよく泡立たせましょう。
市販の「泡立てネット」などを利用するのも良いでしょう。

Tゾーンから洗い始める

まずは皮脂分泌が盛んなTゾーンから洗い始めます。
泡を肌の上で転がすような感じで優しく洗います。

※Tゾーン
額から鼻先にかけての皮脂腺が活発な顔の部位。

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔料を洗い流すのは肌の温度に近い33℃〜36℃くらいのぬるま湯を使います。
洗面器にお湯をはっておくよりかは、シャワーでしっかりと洗い流すことをお勧めします。
洗い残しはニキビや肌荒れの原因になることもあるので、念入りに洗い流しましょう。

清潔なタオルで押さえるようにふく

タオルは清潔なものを使用し、優しく押さえつけるように水分を取ります。

洗顔後は化粧水と保湿クリームでケア

洗顔後はできるだけ早めに化粧水で潤いを与え、保湿クリームで潤いをキープしましょう。

 

洗顔で注意すべき事

良かれと思っても、実は肌を傷つけてしまう行為があります。
特にニキビが発症している場合は悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

  • 洗顔料をそのままに顔につける
  • ブラシやタオルで顔をゴシゴシと洗う
  • 一日に何回も洗顔をする
  • 洗い流しが短い
  • 使いまわしのタオルで顔をふく

洗顔料を直接顔につけるのは刺激が強く、皮膚に必要な皮脂まで取り去ってしまいます。
また、顔をゴシゴシと洗うことは皮膚を傷つけるだけなので絶対にやめましょう。

 

洗顔は夜を中心に、朝と合わせて一日2回で十分です。
洗いすぎは皮膚に必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌のトラブルを引き起こす可能性もあります。

 

洗い流しが短い人も要注意です。
洗い流しが不十分で残った洗顔料や汚れは、ニキビや肌荒れの原因となります。

 

タオルは必ず、洗濯後未使用のタオルを使うようにしましょう。
使い古しのタオルには雑菌が潜んでいますので、ニキビが悪化する可能性があります。

 

 

以上が「ニキビ改善・予防のための正しい洗顔方法」と「洗顔で注意すべき事」です。
洗顔はニキビを治していく上での基本ですので、正しい洗顔方法を心がけることが大事です。