睡眠不足

MENU

睡眠不足

寝不足は美容の大敵

 

そんな言葉を聞いたことはありませんか?
これは間違いなく真実です。
人は睡眠中に栄養が皮膚に補給され、不要な老廃物が排出され、新しい細胞が作られます。

 

睡眠に関して押さえておくべきポイントは2つです。

  • 睡眠時間の長さ
  • 睡眠時間帯

睡眠時間の長さ

ニキビのための皮膚の再生に必要な睡眠時間は、およそ8時間前後です。
短時間の睡眠でも頭の疲れが取れる人もいますが、肌の健康とは別問題です。

 

忙しくて睡眠時間を確保できない生活が続けば、それだけ皮膚の老化が促進されます。
ニキビの改善が遅くなるだけでなく、シミ、ソバカス、シワ、肌荒れといった新たなトラブルも生まれてしまいます。

 

睡眠時間帯

皮膚の健康のために最も良い睡眠時間帯は午後10時から午前2時です。
この午後10時から午前2時に皮膚の再生が最も活性化するのです。

 

そのため夜更かしや生活リズムが昼夜逆転している人はそれだけ皮膚の老化が促進されます。
そしてそれだけニキビの改善も遅くなります。
十分な睡眠時間をとっていても、睡眠時間帯によっては皮膚の健康に良いとは限らないわけです。

 

理想的な睡眠

例えば午後10時から8時間の睡眠をとり、翌朝6時に起床するという生活リズムは、理想的な睡眠の一つです。
とはいえ、多忙な現代社会に生きる人たちが実際に夜の10時に寝ることは難しいでしょう。
できるだけ午後10時から午前2時の時間帯にかぶるよう8時間の睡眠をとり、毎日規則正しい生活リズムを送ることがニキビの改善・予防に必要不可欠となります。

関連ページ

ホルモンバランスの乱れ
ニキビができる原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れの詳細を説明しています。特に思春期では男性・女性問わずホルモンバランスが乱れます。また女性ならではの事例もありますので、日ごろから気をつけるようにしましょう。
食生活の偏り
ニキビができる原因の一つに食生活の偏りがあります。脂肪分や糖分の多い食べ物を多く摂取したり、ビタミンやタンパク質を取らないと肌の状態は決してよくなりません。
ストレス
ニキビができる原因の一つにストレスがあります。ストレスは気づかないうちに貯まり、体に様々な悪影響を及ぼします。ニキビだけでなく、健康体でいるためにストレスは適切に発散させる必要があります。
間違ったスキンケア
間違ったスキンケアは肌を傷つけ、肌荒れやニキビの原因となります。扇動的な情報に惑わされず、医学的・科学的根拠のある正しいスキンケアを実践しましょう。
活性酸素
ニキビの原因と深く関わりがあるのが活性酸素です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで即座にできるわけではなく、活性酸素により皮脂が酸化することでニキビが発症します。
遺伝
ニキビは遺伝的になりやすい体質になるとも言われています。もっとも科学的な根拠は今のところありません。ただいくつか注意しなければな来こともあります。