食生活の偏り

MENU

食生活の偏り

私たちは食事によってエネルギーと栄養を得て、様々な活動をしています。
ですからニキビのない綺麗な肌を保つには、バランスの良い食事が不可欠です。

 

食生活に関して押さえておくべきポイントは2つです。

  • ビタミンと食物繊維を摂取する
  • 脂肪分と糖分は控え目にする

 

ビタミンと食物繊維を摂取する

まず第一に、ニキビの予防と改善に役立ち肌を健康にしてくれるのがビタミンです。
ビタミンには様々な種類がありますが、肌に関係するものを挙げると以下の通りです。

ビタミンA 細胞を活性化させる役割を持つ。不足すると古い細胞が貯まってしまい、皮脂も詰まりやすくなります。
ビタミンB ビタミンBはさらに色々種類がありますが、おおまかに言うとエネルギーを作ったり、脂肪の代謝に必要だったりします。不足すると皮脂分泌量をコントロールできなくなったり、皮膚の抵抗力が低下しアクネ菌が増殖しやすくなったりします。
ビタミンC 皮膚や粘膜の健康維持を助ける役割を持つ。不足すると細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミができやくなったりします。

 

そして意外と忘れがちなのが食物繊維です。
食物繊維の不足はニキビや肌のトラブルの要因となる便秘を引き起こします。
ビタミンや食物繊維は野菜に多く含まれますので、日常的に意識して食事することが大事ですね。

 

脂肪分と糖分は控え目にする

皮脂の材料となる脂肪分と糖分を過剰に摂取しないようにすることも大事です。
過剰な脂肪分と糖分は皮脂の分泌量を増加させます。
また皮脂が毛穴から排出されにくくなり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなるのです。

 

とは言え、チョコレートなどのお菓子が大好きに人に「絶対に食べるな」とはなりません。
好きなものを食べることはストレス発散にもなりますし、幸福感も得られます。

 

大事なことはお菓子を食べすぎないこと、そして食事でしっかりと栄養を採ることです。

関連ページ

ホルモンバランスの乱れ
ニキビができる原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れの詳細を説明しています。特に思春期では男性・女性問わずホルモンバランスが乱れます。また女性ならではの事例もありますので、日ごろから気をつけるようにしましょう。
睡眠不足
ニキビの原因の一つに睡眠不足があります。人間の体は睡眠がないと機能しません。特に皮膚の健康で最も重要なのが「睡眠時間の長さ」と「睡眠時間帯」の2つです。
ストレス
ニキビができる原因の一つにストレスがあります。ストレスは気づかないうちに貯まり、体に様々な悪影響を及ぼします。ニキビだけでなく、健康体でいるためにストレスは適切に発散させる必要があります。
間違ったスキンケア
間違ったスキンケアは肌を傷つけ、肌荒れやニキビの原因となります。扇動的な情報に惑わされず、医学的・科学的根拠のある正しいスキンケアを実践しましょう。
活性酸素
ニキビの原因と深く関わりがあるのが活性酸素です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで即座にできるわけではなく、活性酸素により皮脂が酸化することでニキビが発症します。
遺伝
ニキビは遺伝的になりやすい体質になるとも言われています。もっとも科学的な根拠は今のところありません。ただいくつか注意しなければな来こともあります。