遺伝

MENU

遺伝

生物の体は遺伝的要素が大きいのは皆さんご存知だと思います。
見た目や身長をはじめ、禿げやガンの家系というのも良く聞く話だと思います。

 

それと同じく、ニキビも体質的に発症しやすいものが遺伝しているのではないかと言われています。
専門家の中には、肌質や皮脂腺の大きさ、皮脂分泌の活発度などを親から遺伝し、ニキビになりやすい体質になると考えている人が少なからずいるのです。

 

しかしニキビの遺伝については科学的根拠はありません。
ニキビの原因と照らし合わせて考えると、親からの生物的な遺伝よりも、家庭の中でニキビができやすい食事や睡眠などの生活習慣が身についてしまっている可能性のほうが高いと思われます。
脂っこい食事が多かったり、毎日夜更かしをしたり、間違ったスキンケアをしていませんか?

 

もし親がニキビや肌荒れがあり、それを遺伝しているのではないかと悩んでいる人は悲観する必要はありません。
ニキビのできやすさ(原因)は主に日常生活の中で改善できます。
逆にニキビができにくい体質だとしても、毎日脂っこいものを食べたり、夜更かしをしたり、肌に合わない化粧品を使っていればニキビの発症率は高くなるでしょう。

 

まずは自分の一日の活動を振り返り、ニキビができる原因を探りましょう。
正しいニキビケアを実践し続ければニキビはきっとよくなるはずです。

関連ページ

ホルモンバランスの乱れ
ニキビができる原因の一つとして、ホルモンバランスの乱れの詳細を説明しています。特に思春期では男性・女性問わずホルモンバランスが乱れます。また女性ならではの事例もありますので、日ごろから気をつけるようにしましょう。
睡眠不足
ニキビの原因の一つに睡眠不足があります。人間の体は睡眠がないと機能しません。特に皮膚の健康で最も重要なのが「睡眠時間の長さ」と「睡眠時間帯」の2つです。
食生活の偏り
ニキビができる原因の一つに食生活の偏りがあります。脂肪分や糖分の多い食べ物を多く摂取したり、ビタミンやタンパク質を取らないと肌の状態は決してよくなりません。
ストレス
ニキビができる原因の一つにストレスがあります。ストレスは気づかないうちに貯まり、体に様々な悪影響を及ぼします。ニキビだけでなく、健康体でいるためにストレスは適切に発散させる必要があります。
間違ったスキンケア
間違ったスキンケアは肌を傷つけ、肌荒れやニキビの原因となります。扇動的な情報に惑わされず、医学的・科学的根拠のある正しいスキンケアを実践しましょう。
活性酸素
ニキビの原因と深く関わりがあるのが活性酸素です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで即座にできるわけではなく、活性酸素により皮脂が酸化することでニキビが発症します。