ホルモンバランスの乱れ

MENU

ホルモンバランスの乱れ

ニキビの原因として最も多いのがホルモンバランスの乱れです。
思春期の男子・女子がニキビができやすいのは、まさにホルモンバランスが乱れる時期だからです。
また女性の場合は思春期だけでなく、月経の前後も注意する必要があります。

※ホルモン
生体内の内分泌腺で生成され、血液中に分泌されて運ばれ、特定の器官にのみ作用する微量の化学物質

思春期のホルモンバランスの乱れ

思春期は身体的にいうと第二次性徴期です。
男子はより男らしい体つきに、女子はより女らしい体つきになり、性別ごとの身体的特徴が出てくる時期です。

 

第二次性徴期には性別を問わず、男性ホルモンの分泌が盛んになります。
この男性ホルモンが皮脂を分泌させる皮脂腺を増大させ、皮脂の分泌も多くなります。
そして皮脂や汚れなどが毛穴に詰まってしまい「コメド」が形成されます。

※コメド
分泌された皮脂が毛穴付近で固まったもので、炎症を起こすとにきびになる。

 

アクネ菌は脂肪の多いところに多く繁殖するため、コメドが形成されたところで増殖します。
そしてアクネ菌が炎症を引き起こし、ニキビができてしまいます。

 

アクネ菌自体はどんな人の肌にもいる常駐菌です。
ですからできるだけ皮脂が毛穴に貯まらないよう正しいスキンケアをすることが大事です。

 

月経の前後のホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの一種に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というのがあります。
妊娠を助けたり、基礎体温を上げたりする働きがあります。

 

このプロゲステロン(黄体ホルモン)が排卵後に多く分泌されるのです。
そのため体温が上昇することで皮脂の分泌量も増加し、ニキビができやすくなります。
自分の体の調子を把握し、いつも以上に気をつけるようにしましょう。

関連ページ

睡眠不足
ニキビの原因の一つに睡眠不足があります。人間の体は睡眠がないと機能しません。特に皮膚の健康で最も重要なのが「睡眠時間の長さ」と「睡眠時間帯」の2つです。
食生活の偏り
ニキビができる原因の一つに食生活の偏りがあります。脂肪分や糖分の多い食べ物を多く摂取したり、ビタミンやタンパク質を取らないと肌の状態は決してよくなりません。
ストレス
ニキビができる原因の一つにストレスがあります。ストレスは気づかないうちに貯まり、体に様々な悪影響を及ぼします。ニキビだけでなく、健康体でいるためにストレスは適切に発散させる必要があります。
間違ったスキンケア
間違ったスキンケアは肌を傷つけ、肌荒れやニキビの原因となります。扇動的な情報に惑わされず、医学的・科学的根拠のある正しいスキンケアを実践しましょう。
活性酸素
ニキビの原因と深く関わりがあるのが活性酸素です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで即座にできるわけではなく、活性酸素により皮脂が酸化することでニキビが発症します。
遺伝
ニキビは遺伝的になりやすい体質になるとも言われています。もっとも科学的な根拠は今のところありません。ただいくつか注意しなければな来こともあります。